Behappy

みんなが知りたい情報いっぱい♪

*

インフルエンザ予防接種の覚書!適正時期、適正回数、予防など

      2015/02/28

冬の心配事のひとつと言えば
『インフルエンザ』
ですよね。

毎年インフルエンザの予防接種してますか?
インフルエンザが流行る前にきちんと家族全員で受けておきたいですよね。

時期を間違えるとせっかくの予防接種もあんまり意味ない…ということになりかねません。

ここで予防接種おすすめ時期をきちんと覚えておきましょうね~♪

スポンサードリンク

予防接種のおすすめ時期は?


インフルエンザが流行るのは毎年だいたい1月上旬から3月上旬が中心です。

予防接種のワクチンは効果を発揮するまでに2週間ほどかかりますので、
遅くても12月中旬までには受けておくのが理想です。

また、あまりギリギリに計画すると万が一体調が悪くてその日に受けられない
なんてことも考えられますので、私はもう少し早めの11月中旬ぐらいから計画しておくことをおすすめします。
ワクチンは数も限られていますからね。

ちなみにインフルエンザの予防接種は10月からうけることができます。

 

予防接種の回数は1回?2回?


予防接種の回数は基本的に13歳未満は2回、13歳以上~65歳未満は1回~2回、65歳以上は1回です。

2回摂取する場合は1回目からの接種間隔が⇒
13歳以上は1~4週間
13歳未満は2~4週間
です。より、ワクチンの効果を高めるためには3~4週間隔摂取するのがおすすめ。

スポンサードリンク

ですから2回摂取する場合はさらに早めの10月中旬ごろからでも摂取する計画を立てておいても良いとおもいます。

特に受験生をもつ親御さんだと、念には念を入れて、お子さんに2回摂取させる方も多くいらっしゃいますね。

また、新種のインフルエンザウイルスが流行すると全年齢層2回摂取になります。

 

日常生活のインフルエンザ予防


インフルエンザの予防接種をしたからといって必ずかからないとは限りません。

たしかに、もしインフルエンザにかかったとしても症状は軽くすみますが
できれば、かからずに冬を越したいですよね~♪

そこで日常的に
風邪の予防と同じで栄養をしっかり摂り、休養・睡眠をとり抵抗力を高めておく。
人ごみを避けた生活を心がける。
適度な温度、湿度を保つようにする。ウイルスは低温や乾燥を好みますので加湿器などを上手に使用していきましょう。
やっぱり基本のうがい、手洗い!帰宅後すぐに実践しましょう。
出かけるときにはマスクを着用する。
これらに気をくばって生活していきましょう。
基本的に風邪の予防策と同じですね。

 

まとめ


インフルエンザはできればかかりたくないですよね!
毎年家族全員で予防接種を打つのが理想的。

あとは日々、基本的な予防策を心がけて生活していきましょう♪

スポンサードリンク

 - インフルエンザ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インフルエンザ潜伏期間中の予防法~家族にうつさないために~

なんか怪しい!インフルエンザの潜伏期間中かも?! ママがもしインフルエンザ潜伏期 …

子供が熱を出した時に与える飲み物、食べ物は何がいい?

子供がお熱を出してしまった!しかも「なにも食べたくない…」って言ってる。 でもマ …

インフルエンザの子どもの看病の仕方とママが気をつけること

インフルエンザが本格的に流行してきました。 2015年のピークは1月の下旬だそう …

インフルエンザを発症した子どもは解熱後、何日で登校できるの?

インフルエンザが大流行中です。 子どもがインフルエンザにかかってしまったら 働く …